新書ブックセンターのブログ

新書専門のブックレビューブログ。一人でやっている勝手な書評という言い方もできますが。

 

『医師のつくった「頭のよさ」テスト』 本田真美著 光文社新書

 唐突ではありますが、私と嫁さんは、(ちゃんと確認したことはありませんが)人生の方向性や価値観に大きな違いがないであろうと、恐らく自分だけではなく嫁さんも感じていると思います。 自営業という決して安定はしていない私を選んだのですから、きっとそういったところにも理解があって、困ったことがあっても、じゃあどうしようかと同じ目標に向かって進んで行けているのではないかと、のろけではなく、しあわせなことだなと思うわけです。

 しかしそんな共同体としての意識があるにもかかわらず、ときどきぶつかることがあります。ぶつかるというか、相手の言っていることがわからないと言いますか、同じ方向を向いているにもかかわらず、なんだか別の方へ向かっているような気分になるときがあるのです。自分の話したことがとっさに理解されず、時折イライラすることがあります。これは自分の一方的な感想ではなく、嫁さんの方も別の場面で同じようなことを感じることがあるようです。

 例えば人生の方向性とは別のお話ですが、街を歩いていて、私はよく有名人を見かけます。「あ、あれプルシェンコじゃないか?」と私がいうと、「いや、ただの背の高い外人だよ、いるわけないじゃん。」と嫁さん。そこで検索してみると、どうやらプルシェンコアイスショー出演のために日本に来日しているということがわかり、嫁さんは騒然として振り返っていく・・・。そんなことが何度もあります。

 逆に私は、抽象的な概念を理解したりするのが苦手なところがある。数字も弱い方だと思う。だから、そういった話題になると私の方がうまく理解できなくて腹が立ったりする。私の方は、とりあえずやってみよう、やってみないとわからないから、という感じで遠回りをしたり、せっかく買ったのに部屋のサイズに合わなくて返品したりと言うことがあったりする。

 という感じで、同じ価値観を共有しながらも、時々ぎくしゃくしたり、そのぎくしゃくが時々大きな隔たりになることは少なくありません。まだ夫婦なら修正も利きますし、やり直す時間はあります。しかしこれが友達とか、会社内とか言うと、「とことんあいつとは合わないなぁ」と不満が鬱積していきます。そして相手や自分自身を過小評価したり、自信を失ったりしていたたまれない思いに包まれたりもします。

 人間には、得手不得手があり、それぞれの長所を伸ばすようにすれば一番いいわけですが、かといって自分の得手不得手はよくわからないことが多いですよね。また何をもってして得意、不得意とするのか、それもわかりません。

 本書は、自分の認知のし方がどのようなタイプにあるのかを解説した本です。認知とは、自分の外界をどのように捉えようとしているかという傾向のこと。たとえば目の前の場面を写真のように捉えている人もいれば、言葉で捉えている人もいるわけです。写真のように捉えている人からすれば、言葉で捉えるなんて理解できないでしょうし、その逆もまたあり得るわけです。そういった認知のしかたにタイプがあるために、そこから理解の溝が生まれるところもある、だからこそ自分のタイプを理解し、相手のタイプも尊重する、そういった認知の傾向の違いを認め合うと、お互いを理解しやすくなるというのが本書の趣旨です。

 後半は少し惰性になってしまっているところもありましたが、前半部はいろんな認知の違いを理解できます。そこが理解できると、不思議と相手への不満も少なくなり、逆に、自分にはない特徴を知ることもでき、さらにそれを活かしてあげようと思いたくなります。

 本書は、家庭内のお互いの相互理解だけではなく、会社内で適材適所の人材活用にも利用できるのではないかと思います。また、こどもが大人に成長する過程で、様々な刺激を受けながら自分の能力を伸ばしていくことも理解でき、その手助けをしているのだという子育てのヒントも得ることができるように思います。
 幅広い世代、幅広い職種、幅広い男女にお薦めの新書です。

【その他のお薦めの新書】

 

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『人類進化の700万年 書き換えられる「ヒトの起源」』 三井誠著 講談社現代新書

 

 鍼灸師として人の身体を診ていると、ほんとうに身体というのは過不足ないものだと感心することが多く、いったい誰がこの「人」というものを作り上げたのだろうと思うことがあります。そして、その進化の道程に思いを馳せると、いろいろなことを想像してワクワクしてきます。

 鍼灸師という自分の仕事にとっても、この人類の進化の歴史を解明できたら、もっと良い治療に結びつくのではないかと思ったりもして、それがためにさらにワクワクしながらこういった人類史の本を読んでしまいます。

 本書は、主に人類がどのようにして人類という種に辿り着いてきたのかという道のりを中心に語られています。
 こういった人類史の本でありがちなのは、ややこしいカタカナの人類の名前が次から次へと出てくること。もちろんそれは学問的に大切なことで、そういった細かい情報を求めている方もいるでしょうから、それはそれで必要なことかも知れません。しかし、私のような、直接人類史そのものを専攻にしていない者にとっては、それほど重要なものではなく、出来たらサラッと流していきたいところです。本書はその案配がとてもほどよく、一般の人が手にとっても無理なく読み進めることが出来るのがすごいところ。

 本書によると、700万年前に、はじめて人類と呼べるような萌芽が産まれたそうなのですが、その後は紆余曲折、相当の時間をかけて進化の道を歩んでいき、そして現生人類となってからは、それまでとは打って変わって急激な(といっても地球の長い歴史から見ての尺度であって、何万年という年月が必要であったことはわけですが)進歩をとげていく。そして日本でいえば、縄文時代のような、痕跡が残っている、手に届きそうな時代になったという・・・その変化の仕方がまた読んでいて楽しいです。

 700万年という長い年月を、この新書という1冊にまとめるというのは至難の業であると思いますが、単なる形態の変化だけではなく、精神文化の面からの進化の足跡もある程度はカバーしているのも面白く読むことが出来ます。

 そして、日本人のルーツについても一つの章を作り、さらに、人類史が今現在どういった手法を用いて人類進化の謎を解き明かそうとしているのかといった技術的なお話しもあって、それはそれでまた興味深く読むことが出来ます。

 2005年に刊行された本なので、その後の新しい発見や発掘によって、本書の内容が変わってきている可能性もありますが、それはそれとしても、これほどまでにコンパクトに、そしてときにユーモアを交えて読むことが出来るのは貴重な一冊ではないかと思います。人類の進化、人類史に興味のある方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

【その他のお薦め新書】

 

【キーワード検索】 

「人類」 「人間」 「進化」 「人類史」

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』 奥田昌子著 講談社ブルーバックス

欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防 (ブルーバックス)

奥田 昌子 講談社 2016-12-14
売り上げランキング : 1148
by ヨメレバ

 健康や医学のニュースのソースを見てみると、欧米発のものがあります。また、いろいろな健康本でも、著者が欧米の人だったりということもあります。最近だと、“シリコンバレー式”とか、“NASA式”など、それっぽい枕詞が付くことが多いように思います。

 確かに“人間”という大枠で考えれば、シリコンバレーでもNASAでも良いのかもしれません。シリコンバレーは別としても、NASAなどは科学的な根拠をはじき出してそうですし、それなりに説得力がありそうにも思います。

 しかし、実際のところどうなんでしょうか?

 例えば食習慣にしても、食べる量が半端なく違いますし、その内容、そして食べる側の体の大きさも違います。参考にはなるかもしれませんが、そのデータを全て鵜呑みにしていいものかと、疑問に思うことが時々ありますよね。

 ということで、本書はそんな疑問に答えてくれる一冊です。

 本がはじまって内容が各論になる前に、「日本人、こんな健康法は意味がない」というのが第二章にあります。昨今様々な健康法やダイエット、健康食などが出てきていますが、それらの無意味さや効果のなさを、日本人の体質から語っています。その切り方が生理学的であり、とても参考になります。これほどまで日本人の体質というのが特徴として出てくるんだと感心することが多いです。

 最近は「糖質抜きダイエット」「糖質制限ダイエット」などがありますが、この第二章には、これが日本人には合っていないお話しがあります。
 「糖質制限」を危険視する識者のなかには、「日本人は昔からごはん(お米)を食べてきたから」という、一見すると正統な理由になりそうなお話しを大きな根拠としている方が多いですが、本書は、そういったものとは一線を画していて興味深かったです。
 私自身はどちらがいいのかまだはっきりとした答えはありませんが、このお話は糖質と体の関係を考える一つの参考になるのではないかと思います。

 第三章からは、多くの人が中高年以降にかかりやすい病気のお話し。糖尿病、高血圧、メタボなどといったものを中心に、そこから波及する脳疾患のお話しなども続きます。これもまた、なるほどと思う箇所が多く、勉強になります。

 そして第六章以降はいわゆる「がん」のお話しです。代表的な、胃がん、大腸がん、乳がんを扱って、予防や治療について考察しています。
 現在の日本社会では、二人に一人ががんにかかり、三人に一人ががんで亡くなっています。この統計の内容も、様々な理由があるかとは思いますが、有名人の闘病がニュースになるほど、まだまだがんは不治の病の一つに挙げられ、いつか自分も・・・と思うと怖い気がします。いつか根治する治療方法が見つかることを願いつつ、予防に努めたいところです。そういった面からも、本書は一つの参考になると思います。

 以上のように、全編に渡って、日本人の体質を理解するのに役立つ内容となっています。

 ただし、本書が根拠としているのはあくまで統計(もちろん科学的な見地に立ったエビデンスのあるもの)ですので、全て個別なものにも当てはまるというわけではないのということは頭の片隅に入れておくといいかなとは思います。特に最後の方は羅列のような感じも受けましたので、食傷気味になりました。それでもやはりこうしたデータをこういった視点でまとめて提示してくれているのは、一読の価値があるかなと思います。

 本書がいいところは、予防の観点があるところだと思います。巻末の記述にも貝原益軒の『養生訓』の引用がありましたが、著者にはそういった予防の観点もあるのだろうと、全編を通して共感するところが多かったです。

 自分が正しいと思っていた知識が、全然違ったと言うことはよくあることです。

 しかし、こと体の知識に関してはそういったことがないようにしたいものです。

 この本も、その知識を得るための1冊で、健康関係のリテラシーを上げる視点を得られるのではないかと思います。老若男女、多くの方にお薦めの新書です。

【その他のお薦め新書】

 

 

【キーワード検索】 

「日本人」「健康」「体質」

 

 

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『わたしが正義について語るなら』 やなせたかし著 ポプラ社

 小さい子達は、みんなアンパンマンが大好きです。キャラクターを見るだけで飛びつきます。

 しかしその一方で、結局のところアンパンマンだって暴力的なシーンがあるじゃないかと、(少数だとは思いますが)自分の子供にはアンパンマンを見せないという方もおります。それも一つの意見だと思いますし、そう思ってみると確かにそんなところを感じなくもありません。

 のんびりしたあのアンパンマンの世界観。しかしアンパンマンばいきんまんとの抗争は、いったい何を伝えようとしているのか、そして正義というものをどう表現しようとしていたいのか。作者であるやなせたかし氏が、どのような思いでアンパンマンを誕生させ、どのような願いを以てこの物語を描き続けてきたのだろうか。

 本書の最初の出だしは、ゆるく正義についての語り。アンパンマンに登場するメインキャラの役割を語ったり、やなせ氏が若い頃に見たフランケンシュタインのお話など、正義についてやさしく紡ぎ出します。
 しかしその正義の話は決して堅苦しいものでもないし、押しつけがましくもない。時には厳しい現実のお話しも含めて、やなせたかし氏自身もまだまだ模索し、模索しながらも絵本作家としての希望も持ちつつという感じがよく分ります。
 もっともらしく「これが正義だ!」と定義づけることはかえって胡散臭く、危険な香りがするものですが、やなせたかし氏も戦争の前後で正義がガラッと変わってしまった現実を見てきたこともあるのだろうと思います。

 出だしが少し済んだところで、やなせたかし氏の生い立ちや売れっ子漫画家になるまでの道のりを語っていきます。本書のタイトルにある「正義」とは全く無縁のお話にはなりますが、やなせたかし氏が歩んできた道のりは、さまざまな縁が折り重なりながら導き出されたものだと分かり、ある意味それは、一人では決して成り立たない物語を紡ぎ出す原動力なのかなと思ったりと、興味深いところもあります。かの名曲、『手のひらを太陽に』の誕生秘話も見逃せません。

 やなせたかし氏の歩みが終わったあとは、ダーッと一気に正義や未来についての語りが続きます。時にやさしく、時に厳しく。そしていつのまにやら正義の話というよりは、人生そのもののお話しへ。

 一見するとアンパンマンはほのぼの、弱々しい感じにも見えるヒーローでありますが、その芯は骨太。そのアンパンマンの根っこに触れることが出来るならば、また、触れてほしいと願っているのであれば、アンパンマンはとてもお子さんにとって勇気を教えてくれる物語になるのではないかと確信を持てました。

 本書の最後には、あの名曲であるアンパンマンの主題歌が記されています。それを目を追って読んでいくと、いつの間にか目頭が熱くなっている自分に気がつくのであります。

【その他の関連お薦め新書】

 天命つきるその日まで アンパンマン生みの親の老い案内 (アスキー新書)サンデルの政治哲学-<正義>とは何か (平凡社新書)正義の偽装 (新潮新書 554)正義論の名著 (ちくま新書)メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書) 

 

【キーワード検索】 

「やなせたかし」 「正義」 

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『太陽黒点が語る文明史 「小氷河期」と近代の成立』 桜井邦朋著 中公新書

  太陽に黒点があるというのは、通常小学生の理科の授業あたりで習うことで、今は誰もが知っていることであります。しかしその黒点がどのようなものなのかとか、黒点の数が増減することに何の意味があるのかなど、そこまでは理解している人は少ないのではないでしょうか。中には、黒点の数とオーロラが見える頻度がどうやら関係しているそうだというのを知っている人はいるかもしれません。

 太陽に黒点があることを観察し、詳細に記述した記録を遺したのは、かの有名なガリレオ・ガリレイ。当時の最先端の知能が、太陽の黒点に興味を持っていたというのも意外であるし、またそんなことに興味を持ってどうするんだという突っ込みを入れたいところもあるが、普通の人が全く興味を見せないところに興味を持つところが天才たる天才の由縁なのだろうか。

 本書の発行は、1987年(昭和62年)。平成元年が昭和64年ですから、私のような昭和生まれにとっては、あぁ、あの頃かとどことなく最近という気もしますが、実際は今(平成29年)から30年前ですから、最先端の科学においては一昔どころに騒ぎではありません。本書の中には、「「小氷河期」と「核の冬」」という章があるところを見ると、当時の米ソ対立の先行きの不安定さを物語っており、時代を感じさせるところがあります。しかしそうは言うものの、オバマ政権で核廃絶が本格的に訴えられたものの、未だに核兵器がこの世に多数存在するところを考えると、人間の進歩は遅いものだとも思ったりもするわけであります。

 ということで、とりとめのない前置きが続きましたが、そうすると、30年前に発行された科学の本なんて、今読んでも意味があるのか?と思うかもしれません。しかし、本書の内容は、ある意味時代を超えているところもあり、軽くでも良いので、目を通してみる価値はあるかと思います。

 本書の肝は、太陽黒点の活動が増えることによって、寒冷な時代がやってくると言うことが一つ。そしてその寒冷の時代は、暗く閉ざされ、黒死病などの強烈な伝染病がはびこる時代であり、それがために人々は死と隣り合わせに生活している。だからこそ、より思索的な文化が発展するのではないかという、気候と文明の関連を示すのが、もう一つの大きなテーマとなっています。
 一見すると太陽の黒点と文明の盛衰などは関係ないと思われますが、そこに着目し、さまざまな考察をしていく姿が、本書の面白いところであります。著者の桜井邦朋氏は、日本を代表する宇宙物理学者の第一人者で、後に神奈川大学の学長を務めたほどでありますから、本書を読んでいても、その切れ味鋭い記述にはどんどん引き込まれる魅力があります。

 現在、地球温暖化とその対策が声高に叫ばれていますが、もしそこに太陽黒点という視点を入れたらどうなるのだろうか?もしかしたら現在の温暖化は太陽黒点の影響とも言えるのだろうか?などなど、30年前に書かれた本書は、現在にもさまざまな投げかけを与えてくれます。というのも、本書では地球温暖化の話にも触れており、既にその頃から地球温暖化がクローズアップされてきたことが分ります。そして本書は、その地球温暖化についても、分りやすく解説してくれており、基本的に何が問題あるかを示してくれています。
 本書の前半は、黒点の活動とその盛衰によって気温がどのように変化してきたのか、またそれと歴史的な年表を重ねてみたり、偶然とは思えない、その関連性を示してくれています。
 そして後半からは、太陽そのものがどのような恒星なのか、そして地球や人類のどのような影響を与えているのかなど、話はより太陽そのものに向かっていき、その記述もまた興味をそそられます。小柴昌俊氏がノーベル賞を受賞したニュートリノのお話しも出てきたりと(当時はまだ小柴昌俊氏がノーベル賞を受賞するずっと以前のお話しですが、まさにその頃にこそ、小柴昌俊氏の研究が花開きつつあったのだろうと推測されます)、それもまた面白いところであります。
 個人的には、最後の最後に、太陽と地球環境の関係が述べられていましたが、ADP、ATPの回路系の話はもっと知りたいところであります。

 著者にとって、ニュートンガリレオ・ガリレイは憧れの存在なのか、何度もその動向が現れて、またその周辺の科学者の名前も多く出てきまして、一つの科学史を読むという意味でも、本書の価値はあるかと思います。 

 

【その他の関連お薦め新書】

宇宙物理学入門 宇宙の誕生と進化の謎を解き明かす (ブルーバックス) ニュートリノ天体物理学入門―知られざる宇宙の姿を透視する (ブルーバックス) 宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) 宇宙はどうして始まったのか (光文社新書) 宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書)

宇宙からみた生命史 (ちくま新書) 科学という考え方 - アインシュタインの宇宙 (中公新書) 重力波とは何か アインシュタインが奏でる宇宙からのメロディー (幻冬舎新書)

 

 

【キーワード検索】 

「桜井邦朋」 「宇宙」 「地球物理学」 「太陽」 「太陽 身体」 

 

太陽黒点が語る文明史―「小氷河期」と近代の成立 (中公新書)

太陽黒点が語る文明史―「小氷河期」と近代の成立 (中公新書)

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『〈達者な死に方〉練習帖 賢人たちの養生法に学ぶ』 帯津良一著 文春新書

  私たちは、未曾有の高齢化社会に突入しています。お年寄りが無事に過ごせる社会というのは、それはそれでしあわせな社会と言えます。

 しかしそれは同時に、私たち一人一人が、生きることだけではなく、最後の日を迎える死に方をどう迎えるかということを意識する社会とも言えます。

 織田信長の人生50年の時代から、今や人生80年、90年は当り前の時代であります。しかもその80年、90年の最後は、ひょっとしたら病院のベッドの上で数年過ごす可能性があるのです。寿命と健康寿命の差は、現在10年以上あるといわれていますので、自分がどういった死に方をするかは、もはや他人事ではありません。

 著者の帯津良一先生は、長年ガン患者さんと向き合ってきた医師であります。代替療法がこれほど脚光を浴びる前から、積極的にがん治療に漢方や太極拳などを治療に取り入れてきた方。そういった日々の臨床の中から、生きることと死ぬことを見つめてきたのだろうと思いますが、その中で得た確信のようなものを、昔の賢人の話と重ね合わせながら話が進んでいきます。

 先ず本書で扱っている貝原益軒は、いわずもしれた『養生訓』の著者。江戸時代を生きた儒家であります。『養生訓』というのは、“養生”つまり、“よく生きるための智慧”のこと。それなのに、本書のタイトルには〈達者な死に方〉とあります。

 全く矛盾しています。

 しかし帯津良一先生のこのお話を読んでいくと、生きることと死ぬことは同価値であるということ、生きることを知ることは、死ぬことを知ることでである、生と死が相即不離の関係であることがわかります。この世に生を受けることは、宇宙生成の譬えと同じように、まさにビッグバンであることは容易に想像することが出来ます。しかしその逆である死もまたビッグバンであるということは、生と死を見つめてきた著者ならではの視点であり、そしてそれを自分と重ね合わせてみると、ポジティブに死を受け入れることができるように思います。

 帯津良一先生は、写真で見るととっても太っています。決して健康そうには見えないわけでありますが、しかしいつもにこにこしているその顔は、とてもしあわせそうであります。本書を読むとそのしあわせに生きる基礎、みたいなものがにじみ渡っています。

 帯津良一先生は、決して無理をしてないそうなのです。看護師さんから太りすぎであることを指摘されてもどこ吹く風で、自分のやりたいことやってきたそうです。そういった無理のない生き方こそが、健康の秘訣のようです。

 そしてそれは、死に方にも通じるようです。決して抗うのではなく、受け入れる、そしてその最後の時がきたときには、新たな再生のために、死というビッグバンに勢いよく飛び込んでいく、そういった気持ちで晴れ晴れとしていることが、帯津良一先生の笑顔の秘訣のようです。

 本書は、“達者な死に方”と書きながら、“養生法”という全く対立するベクトルのものを並べたタイトルですが、向かう先は同じ生命の源に通じています。ちょっと舐めて読み始めたのですが、著者のいわんとしている世界観は、とても奥深いものがあります。

【その他の関連お薦め新書】

戦国武将の養生訓 (新潮新書) 食養生読本 中国三千年ナイナイの知恵 (講談社+α新書) 養生訓に学ぶ (PHP新書) 健康長寿のための医学 (岩波新書) 生きてるぜ! ロックスターの健康長寿力 PHP新書

 

【キーワード検索】 

「貝原益軒」 「帯津良一」 「ぴんぴんころり」 「太極拳」 「健康」 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』 宗田哲男著 光文社新書

 本書は、巷で話題の糖質制限の本であります。

 糖質制限が良いのか悪いのか、賛否両論があります。まだまだ検証が必要なところもあるようですが、それでも実際に効果が出ている話も多いですし、実際に炭水化物をしばらく抜いてみると、体調が良くなることを実感したりもします。

 本書の著者の専門は、産婦人科

 ということで、本書は産婦人科の先生から見た糖質制限のお話しであります。

 本書のきっかけは、糖尿病の妊婦さんの勇気ある決意があったということです。

 糖尿病を持ちながら出産をすることは、とてもたいへんなことです。中には中絶をよぎなくされることもあります。
 糖尿病の妊婦さんはとても慎重に対応しなくてはならないため、大きな冒険は出来ません。しかし著者は、糖質制限の正しさを確信しているがために、冒険ではなく、むしろ一番安全な道として、完全なる糖質制限を糖尿病の妊婦さんに進言します。

 今の常識的なアドバイスからすると、それはとても無謀なことと思われるし、妊婦さんも実行することをためらうのが普通だと思います。しかし、著者の進言を忠実に実践した妊婦さんがいて、そして実際に糖尿病のリスクはなくなり、無事に出産できたという事実が数多く載っております。それを発表する著者も勇気がいることでありますが、それを実践する妊婦さんもまた、もっと勇気のあることではないかと思います。

 そんな著者の産婦人科から見た実践例から、著者はさらに糖質制限の根拠を探っていきます。

 ケトン体の存在は、これまでの医学的常識からは忌み嫌われるもので、それを増やさないことが奨励されてきました。しかし、実際のところケトン体が人体で何を引き起こしているのか、どんな役割があるのかはほとんど分っていないのであります。人体全てには無駄がないと言いますが、代謝産物として生まれるケトン体もまた、人体の何かに役になっているはず・・・。ではその役目とは一体・・・?

 ケトン体が人体でどんな作用をしているのか、著者の思考実験は進んでいきます。婦人科、妊婦さんという視点から考察している点は、他の糖質制限にない身体の事実を示しているのではないかと思わざるを得ません。

 糖質制限について興味がある方、糖質制限に懐疑的な方など、糖質制限について知りたい方にとって、本書は新たな思考実験の機会を与えてくれるでしょう。

【その他の糖質制限に関する新書】 

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書) ハンディ版 糖質制限の教科書 人類最強の「糖質制限」論  ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書) 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) 日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる (講談社+α新書)

 

【キーワード検索】

「糖質制限」 「ケトン体」 「炭水化物」 「グルテンフリー」

 

 

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)

 

 

 


表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など薬膳ごはん 源保堂鍼灸院薬膳部のブログ 日常の食材を使って健康になろう表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷の情報サイト おいしいお店、楽しいお店、おいしいスウィーツなど個人で発信しています東京ノラ猫・家猫カフェ ノラ猫や家猫の写真、うんちく、音楽や映画などを集めた猫サイト読書ブログ 本でもって 専門が東洋医学なので、そちら系の本が多くなるかもしれませんが、自分の興味のあるままに拡げた読書の世界をレビューしたいと思います。音楽かけ流し 仕事をしながら聴けるようなBGMを中心にした音楽紹介ブログ新書ブックセンター 情報がコンパクトにまとまった新書は、忙しい時代の貴重な情報源。そんな新書の新書専門のレビューサイト東洋医学・鍼灸を学ぼう!東洋医学、特に鍼灸を特集したサイト お薦めの本や、お薦めの道具、鍼灸学校のリストなどにゃんず・にゃんず・にゃんず ネコに関するブログおもしろい写真やらおもしろい動画など ねこに関する面白いブログを目指しています。時々ほっこりもできるように東洋ラボ 東洋医学をはじめ、東洋思想・東洋哲学を特集していますisphotosblog 源保堂鍼鍼灸院の院長の写真ブログ 主にオリンパスのカメラが多いです一日一名言 一日一日を有意義に送るための言葉 様々なジャンルの著名人の言葉を集めていますコラボラボは、フリーで活躍する女性を応援するサイトですおもさんぽ 表参道散歩日記 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷あたりの情報や風景を発信する神奈川県・箱根町 和菓子菓匠 孫三花詩 お歳暮お中元ギフトなどにもSBC新書ブックセンターのブログ 新書専門のブックレビューサイトnMIKKETOKYO 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、そして個人的なガレッジセールであり いろいろなものを見つけるサイト古本ミッケなど続々鍼たま 東京都にある表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷エリアの鍼灸院 源保堂鍼灸院のブログ 鍼灸院日誌でありいろいろな東洋医学の話題を載せています。MIKKETOKYOのまとめブログ 個人的備忘録であり、個人的まとめサイトでもあり、それがいつか人につながれば良いなと思って細々やっています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...